産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】左派のどこが「リベラル」か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
左派のどこが「リベラル」か

社民党の会合に臨む(左から)又市氏、福島氏、吉田氏=東京・永田町の憲政記念館 社民党の会合に臨む(左から)又市氏、福島氏、吉田氏=東京・永田町の憲政記念館

 いくら当人がリベラルを自称しているからといって、左翼のことをリベラルと言い換えるのは、新聞表記上の一種のごまかしではないかと思ってきた。

 こうした疑問について、ちょうど徳島文理大の八幡和郎教授が26日に新著『「立憲民主党」「朝日新聞」という名の“偽リベラル”』を出版するというので聞いてみた。八幡氏の解説は明快である。

 「左翼であることをかつては胸を張って訴えていた人たちが、冷戦が終結したことで行き場を失い、今は『リベラル』という新しい看板を掲げている」

 少し古い話になるが、現在は立憲民主党国対委員長の辻元清美氏が、旧社会党出身の村山富市元首相にインタビューした内容をまとめた『そうじゃのう…』という本に、こんな一節がある。自民党の変化について語る部分である。

 「加藤(紘一)幹事長など自社さ派のメンバーを見れば、それはリベラルじゃね。(中略)やっぱり、中曽根さん(康弘元首相)とかああいう古い体質からは、抜けだしとる」

 この本の中で村山氏は「社会民主主義の流れをくむ、リベラルを結集した柱があってもいい」とも述べているが、社会民主主義と本来の意味のリベラル(自由主義的)は明らかに矛盾している。これは、やはり左派のことだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング