産経ニュース

【国際情報分析】中東の火種 クルド人問題が表面化

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【国際情報分析】
中東の火種 クルド人問題が表面化

2月1日、シリア北部アレッポ北方で警戒に当たるクルド人民兵(ロイター) 2月1日、シリア北部アレッポ北方で警戒に当たるクルド人民兵(ロイター)

 トルコ軍と少数民族クルド人勢力との戦闘が続くシリア北西部アフリン近郊で、トルコ軍に協力するシリア反体制派とみられる兵士らが、戦闘で死亡したとされるクルド人女性兵士の遺体を踏みつけるなど侮辱的に扱う映像が今月に入って流出した。衝撃的な映像は、これまでイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)との戦闘で共闘してきた勢力同士で“内ゲバ”が起き、中東の不安定要素としてクルド人問題が浮上したことを世界に印象付けた。

 クルド人は「国家を持たない世界最大の民族」として知られる。第一次世界大戦後に英仏によって引かれた国境線で居住地がずたずたに切り裂かれ、約3千万人がイラン、イラク、トルコ、シリア、アゼルバイジャン、アルメニアにまたがる山岳地帯に暮らす。各国内では少数派として苦渋の歴史を歩まされてきた。

 中でも人口の約8分の1に当たる1千万人以上が居住するトルコではかつて、独立志向の強いクルド人の存在が公式には否定され、「母国語を忘れた山岳トルコ人」と呼ばれていたほどだ。そのクルド人勢力の「民主連合党」(PYD)がシリア内戦で米軍の支援も受けて勢いを増し、トルコと国境を接するシリア北部を支配するに至った。

 しかし、トルコはPYDを自国の非合法武装組織「クルド労働者党」(PKK)と同一組織とみなしている。米軍が、組織は壊滅したISの「復活防止」を目的にPYDへの新たな支援策を打ち出すと、トルコ軍は先月下旬からシリアに侵攻し、PYDへの攻撃を開始した。トルコのジャニクリ国防相はロイター通信に「PYDはテロリストであり、根絶しなくてはならない。自衛のためには他に道はない」と語った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中東の火種 クルド人問題が表面化

「ニュース」のランキング