産経ニュース

【iRONNA発】平昌五輪 金与正「アイドル外交」の空疎な現象 田中秀臣氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
平昌五輪 金与正「アイドル外交」の空疎な現象 田中秀臣氏

三池淵管弦楽団の公演を観覧する(左から)北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長、金与正党中央委員会第1副部長、韓国の文在寅大統領=11日、ソウル(聯合=共同) 三池淵管弦楽団の公演を観覧する(左から)北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長、金与正党中央委員会第1副部長、韓国の文在寅大統領=11日、ソウル(聯合=共同)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹、金与正(ヨジョン)氏が平昌五輪開会式に出席し、「ほほ笑み外交」が大きな話題を呼んだ。「金与正ブーム」とでも言うべき現象を北朝鮮と共同演出したのは、他ならぬ韓国である。人気アイドルグループ、少女時代のソヒョンのサプライズ出演は、その表れではなかったか。(iRONNA)

 平昌五輪が開幕前から国際政治の観点で注目を集めているのは、北朝鮮側のいわゆる「ほほ笑み外交」攻勢のためである。金与正党中央委員会第1副部長らの高位級代表団が韓国入りしてからの過熱報道は、五輪そのものへの関心を上回っている。

 特に注目を浴びたのは、「金委員長に直言できるただ一人の人物」などと評されている与正氏の発言と動向だろう。確かに、故金日成(キム・イルソン)主席の直系が韓国を訪問したのは初めてである。メディアでは、与正氏が金委員長の「親書」を携えて、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に平壌での首脳会談を提案したことが報道されている。

 この一連の報道を見る限り、韓国と日本のメディアが「金与正ブーム」とでも言うべき空疎な現象に貢献している、と批判的に見ざるを得ない。まず、韓国到着後、初めて文大統領と会談したときの与正氏の表情が、顎をしゃくりあげた感じでまさに相手をにらみつけるような視線、いわば「女王様」的だったことが大きく報道された。

メディアの印象操作

 「白頭血統」というのだそうだが、故金日成主席に始まる北朝鮮の「金王朝の王女」とでもいうべき印象を、その写真は伝えている。だが、このような起源、つまり抗日戦士として北朝鮮の独立に貢献した金主席の話は極めて誇張されたもので、アイドル(偶像)の中でも最も虚偽性の高いものである。そのようなアイドルの欺瞞(ぎまん)的な側面を全開にした「女王様然」とした表情を垂れ流すメディアの印象操作には、やはり北朝鮮のイメージ戦略にくみしたと評されても仕方がないだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 平昌五輪 金与正「アイドル外交」の空疎な現象 田中秀臣氏

「ニュース」のランキング