産経ニュース

【衝撃事件の核心】名門・東北大で起きた留学生集団薬物事件 こうして薬物汚染は広がった!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
名門・東北大で起きた留学生集団薬物事件 こうして薬物汚染は広がった!

ニコラス被告が住んでいた東北大の国際交流会館=2月14日、宮城県仙台市 ニコラス被告が住んでいた東北大の国際交流会館=2月14日、宮城県仙台市

  違法でない国も

 だが、留学審査にも困難が伴う。大学関係者によると、例えば大麻などの使用が違法でない国の留学生を受け入れる場合、留学を希望する学生の情報を照会するときに麻薬などの使用歴を問うことに対して、「強制はしづらい。あくまで任意で申し出てもらうしかないが、現実的ではない」という。

 初公判で被告は「全て事実です」と起訴内容を認めた。検察側は論告で「見つかった薬物はコカインだけで217回分にのぼる。相当な量で、犯行は悪質だ」と指摘し、懲役3年を求刑した。

 被告人質問では「多くの人に迷惑をかけて申し訳ありません」と謝罪し、法廷では終始反省の色を見せたニコラス被告。弁護側は執行猶予付き判決を求め、即日結審した。

 なぜ麻薬を無償で譲り渡したのか。口止めのためか、友人になりたくて、カネを取るのは気が引けたのか-。譲り受けた6人はすでに不起訴処分となっている。ニコラス被告はひとり、3月に判決を言い渡される。

      

 【東北大学】東京大、京都大、北海道大などと並ぶ「旧帝国大」の一つで、明治40(1907)年6月、東北帝国大学として創立。初代総長は澤柳政太郎。「研究第一」「門戸開放」「実学尊重」の理念を掲げている。ホームページなどによると、大正2(1913)年には日本の大学として初めて、3人の女子の入学を許可した。学部は、文学部、教育学部、法学部、経済学部、理学部、医学部、歯学部、薬学部、工学部、農学部。大学院や留学生を含めた学生数は18019人(平成29年5月1日現在)。総長は里見進氏で第21代。役員・職員数は6433人(同)。

関連トピックス

「ニュース」のランキング