産経ニュース

【外交安保取材】「南京」が「天安門」となってブーメラン ユネスコ「世界の記憶」で中露に逆風

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【外交安保取材】
「南京」が「天安門」となってブーメラン ユネスコ「世界の記憶」で中露に逆風

天安門事件で少なくとも一般市民1万人が殺されたと報じる昨年12月23日付の英紙インディペンデント 天安門事件で少なくとも一般市民1万人が殺されたと報じる昨年12月23日付の英紙インディペンデント

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」をめぐり、中国、ロシアが逆風にさらされている。特に中国は2015年に登録された「南京大虐殺文書」でユネスコを対日批判の場として利用したが、1989年に民主化運動を武力弾圧した天安門事件を世界の記憶に登録しようとする動きが出てきており、一転して守勢に回っている。ユネスコの政治利用を回避する昨年10月の制度改革決議を支持したことと無関係ではなさそうだ。

 「南京大虐殺文書」は資料が開示されることなく、その信憑(しんぴょう)性に疑いがあるまま「世界の記憶」に登録されたいわくつきの文書で、ユネスコの政治利用化が進むきっかけとなった。

 日本政府は日中韓の民間団体などが2017年の審査に申請していた慰安婦問題の関連資料が登録されることを阻止すべく、さまざまなキャンペーンを展開したが、最大の課題は関係国が意見の表明もできないまま不透明な手続きで登録が決まってしまうユネスコの制度改善だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「南京」が「天安門」となってブーメラン ユネスコ「世界の記憶」で中露に逆風
  • 「南京」が「天安門」となってブーメラン ユネスコ「世界の記憶」で中露に逆風
  • 「南京」が「天安門」となってブーメラン ユネスコ「世界の記憶」で中露に逆風
  • 「南京」が「天安門」となってブーメラン ユネスコ「世界の記憶」で中露に逆風
  • 「南京」が「天安門」となってブーメラン ユネスコ「世界の記憶」で中露に逆風

「ニュース」のランキング