PR

ニュース プレミアム

【日曜経済講座】中国の「改革・開放」路線40年 牙を剥いた鄧小平の野望 上海支局長 河崎真澄

Messenger

 当時は副首相の肩書ながら実権を握っていた鄧小平が、毛沢東時代に疲弊しきった中国経済を抜本的に立て直す「改革・開放」路線を打ち出して、今年で40年が経過する。1978年12月、共産党が開いた第11期中央委員会第3回全会(3中全会)で、文化大革命などの時代に中国社会を覆った「階級闘争」を封印。経済成長こそ最重要だとする新たな政策に転換した。

 78年当時、中国の国内総生産(GDP)は名目で3679億元(現在のレートで約6兆3300億円)。それが2017年は82兆7122億元と約225倍にも膨らんだ。

 モノの輸出額でいえば1978年の98億ドル(同1兆650億円)が、2017年には2兆2635億ドルと約230倍になった。為替レートや物価変動で単純比較はできないが、40年近くで経済規模が200倍前後の変化を遂げたことは感覚的に理解できる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ