産経ニュース

【スポーツ異聞】人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか

中日・松坂の行くところに人だかりあり。北谷キャンプは大盛況(塚本健一撮影) 中日・松坂の行くところに人だかりあり。北谷キャンプは大盛況(塚本健一撮影)

 ここに、米大リーグ、マーリンズを自由契約になり、いまだに去就が定まらない愛知県が生んだ大スター、イチロー外野手(44)が加われば、まさに“鬼に金棒”だが…。

 松坂は話題性だけでなく、実力で復活し、尾張・名古屋を活気づかせることができるか。そうなればハッピーエンドになるが。

 ■松坂大輔(まつざか・だいすけ) 1980年9月13日、東京都生まれ。横浜高3年の98年夏の甲子園、京都成章との決勝戦でノーヒットノーランVを達成、「平成の怪物」と言われた。ドラフト会議で西武に1位指名されて入団。1年目に「リベンジ」という言葉が流行語大賞に輝いた。8年で108勝を挙げてポスティングシステムで米大リーグのレッドソックスに移籍。8年間で56勝をマーク。2015年に日本に戻りソフトバンクでは0勝に終わり、入団テストを受けて18年から中日。同年代には村田修一内野手(FA)、和田毅投手(ソフトバンク)、藤川球児(阪神)ら有力選手が多く、「松坂世代」と称された。

 

このニュースの写真

  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか
  • 人気低迷の中日 “松坂大輔人気”で集客の挽回なるか

「ニュース」のランキング