産経ニュース

【田村秀男のお金は知っている】円高阻止の鍵は日銀首脳人事にあり 市場にゆるぎないメッセージを

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【田村秀男のお金は知っている】
円高阻止の鍵は日銀首脳人事にあり 市場にゆるぎないメッセージを

円相場と長期金利 円相場と長期金利

 あれよっという間の円高である。財務省は投機に神経をとがらすが、何が投機筋を動かすのか。(夕刊フジ)

 グラフは昨年末以来の日本の長期金利と円の対ドル相場の日毎の動向である。円相場と長期金利は鮮やかに連動している。1月9日に日銀が市場から買い上げる超長期国債の規模を大幅に減額すると発表して以来、長期国債の利回りが上昇軌道に乗った。

 通常、円・ドル相場を決定づけるのは日米間の金利差で、米国債利回りが日本国債よりも高くなればなるほどドルが買われ、円が売られる。今年1月9日以降も、金利差は広がっているので、円安が続くとみるのが為替相場の常識というものだが、逆に円高になっている。

 となると、円高の要因は日本の長期金利高しかない。金利高を招いたのは日銀の長期国債買いの減額だから、真犯人は日銀ということになる。このまま円高局面に転じてしまうと、企業は収益減をみて、賃上げを渋りかねないし、経済全体にデフレ圧力がかかる。春闘での3%賃上げに脱デフレ期待を強める安倍晋三政権や黒田東彦(はるひこ)日銀総裁が慌てるのも無理はない。

 黒田総裁は23日の金融政策決定会合後の記者会見で、国債買い入れの減額について「政策的なメッセージはない」と釈明した。政策決定会合では年間80兆円の長期国債購入方針や物価安定目標2%達成の堅持でも一致し、火消しに躍起となっている。ところが、市場は懐疑的で長期金利高と円高が止まらない。さらに、ムニューシン米財務長官のドル安歓迎論が円買いを後押しした。

 今後どうなるのか。円安局面に戻るのか、それとも、デフレ再燃ラインとされる1ドル=100円前後まで円高が進行するのか。鍵はやはり、何よりも日銀の政策スタンスにある。

続きを読む

「ニュース」のランキング