産経ニュース

誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘

「婚活」という言葉が登場してから10年。誤解されていた側面もある(写真はイメージ) 「婚活」という言葉が登場してから10年。誤解されていた側面もある(写真はイメージ)

 「男女ともに結婚したいのにできない状況。結婚のために積極的に活動する『婚活』が間違っているわけではない。ただ、男性が稼ぐという結婚観が変わらなかったことが大きい。結婚観や格差社会など構造的な問題を解決しない限り、改善しないのでは」(文化部 油原聡子)

 山田昌弘(やまだ・まさひろ) 中央大学文学部教授。1957年東京生まれ。東京大学文学部卒。同大学院社会学研究科博士課程退学。専門は家族社会学。「パラサイト・シングル」や「格差社会」の名付け親としても知られる。著書に「パラサイト・シングルの時代」(ちくま新書)「希望格差社会」(ちくま文庫)「『婚活』時代」(共著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「モテる構造」(ちくま新書)など。

このニュースの写真

  • 誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘
  • 誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘
  • 誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘

「ニュース」のランキング