産経ニュース

「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る

2016年に刊行されたMMR最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!」(石垣ゆうきさん作) 2016年に刊行されたMMR最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!」(石垣ゆうきさん作)

新作はまさかの「島耕作

 1月23日には、漫画家、弘兼憲史(ひろかね・けんし)さん(70)の代表作「島耕作」シリーズとコラボした単行本「島耕作の事件簿」(講談社)が刊行された。ついに会長の座に上り詰めた主人公、島耕作の今度の役職は、まさかの“探偵”役だ。

 「最初に編集者からコラボの提案を聞いたときは、驚きましたね。僕は学生の頃から弘兼さんのファンだし、『島耕作』も全話読んでます。原作を手掛けることができ、感無量です」

 物語の舞台は、バブル末期の1990年。見知らぬ女性の部屋で目覚めた課長、島耕作は、ベッドの上で変わり果てた姿となった女性を発見する。絶体絶命の状況に追い込まれた耕作は逃亡生活を送りながら、事件の背後に隠された“巨悪”を追う。

 バブル期特有の空気が再現され、読んで懐かしく感じる人も多いだろう。時代設定の理由について、「(60代の)会長が事件を追うのは体力的に難しい」と笑いつつ、「それに、島耕作の若い頃は時代そのものが事件。バブル経済崩壊に、不動産の地上げ…。あの時代の空気を物語として残したかったんです」と語る。

 第1話にして「これはもう絶対無理」という状況に追い込まれる島耕作。最終的には大企業の会長に上り詰める彼が、どのように機転を利かせ、危機を乗り越えるかが最大の読みどころだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る
  • 「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る
  • 「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る

「ニュース」のランキング