産経ニュース

櫻井よしこ氏らが憲法改正をめぐり議論 「自民党はもっと議論の熱をあげよ」 自民・木原稔氏「心ひそかに燃えている議員は多い」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


櫻井よしこ氏らが憲法改正をめぐり議論 「自民党はもっと議論の熱をあげよ」 自民・木原稔氏「心ひそかに燃えている議員は多い」

都内で開かれた公益財団法人「国家基本問題研究所」の会合で、憲法改正をめぐって意見交換するジャーナリストの櫻井よしこ氏ら=23日午後、都内(大谷次郎撮影) 都内で開かれた公益財団法人「国家基本問題研究所」の会合で、憲法改正をめぐって意見交換するジャーナリストの櫻井よしこ氏ら=23日午後、都内(大谷次郎撮影)

 最後に残った“大物”が日本国憲法と教育基本法だった。第1次安倍内閣で教育基本法は改正された。首相が掲げる『戦後レジームからの脱却』は2つの大物を改正するのが目的だ。まだその一つが成し遂げられていないことは真の意味の主権国家といえるか、自信をもっていえない。

 第1次安倍内閣の最大の功績は教育基本法を改正したことだ。悪夢の民主党政権があったが、第2次安倍内閣が発足し、安倍首相は力を振り絞って(改正に向けて)頑張ろうと思っていることは近くにいて感じる。

 日本国憲法は残念ながらわが国に巣くっている。日本人はいろんなものを受け入れる。憲法は日本に残念ながら染み付いている。現代社会で不具合が起こっている。アレルギーが出始めている。速やかに憲法を改正しないと、いつのまにか生命の危険にさらされ、とりかえしがつかなくなる。速やかに改正手続きに入らないといけない」

 【長谷川三千子氏】

 「この憲法はどうしても変えないといけない。可及的速やかに。実は占領を解かれたときに変えないといけなかった。なぜこんなに長い間、変えられなかったか。木原さんの言われたように、巣くった憲法を変えないといけない。

 憲法改正の条件は厳しいといわれている。国会議員の3分の2の賛成というケチなことでなく超党派の議員が変えないといけないと言って変えるのが理想。国民投票の半分以上を取れないと心配している人がいるが、投票所に足を運んだ人の大多数が『変えなくちゃね』と賛成してくれるのが理想の憲法改正の形といえる。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング