産経ニュース

【スポーツ異聞】競泳・小関也朱篤選手のケースで考えた 暴力は絶対反対、だが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
競泳・小関也朱篤選手のケースで考えた 暴力は絶対反対、だが…

競泳の男子平泳ぎで日本代表の小関にも暴力問題が発生した(川口良介撮影) 競泳の男子平泳ぎで日本代表の小関にも暴力問題が発生した(川口良介撮影)

 「ちーがーうーだーろ!」。「2017ユーキャン新語・流行語」に入った前衆議院議員のセリフを思い出してしまった。

 2016年リオデジャネイロ五輪代表で競泳男子平泳ぎの小関也朱篤(やすひろ)選手(25)の「暴力行為」問題である。

 1月11日夜に、共同通信が配信、産経新聞など加盟紙など各紙が翌12日付の紙面で掲載。テレビのニュースでも流れたから、ご記憶の方も多いだろう。

 記事などによると、昨年11~12月、スペインで行われた日本代表の高地合宿で、同じチーム所属の天井翼(あまい・つばさ)選手(23)が炊事当番に遅れてきたことに腹を立て、腹部と顎(あご)を1度ずつ殴った。天井選手は顎に違和感が残ったが、骨折はしていないという。小関選手はすぐに天井選手へ謝罪、和解したという。

 遅れてきた理由は天井選手が練習後にサッカーに興じて炊事当番に遅れたためとされている。サッカーといっても、トレーニングの一環ではなく、いわば遊びの一種でしかなさそうだ。それが、原因で、他の多くの選手たちに迷惑をかけた。その点は、明らかに天井選手に非がある。ただし、天井選手は遅刻の認識を否定している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 競泳・小関也朱篤選手のケースで考えた 暴力は絶対反対、だが…
  • 競泳・小関也朱篤選手のケースで考えた 暴力は絶対反対、だが…

「ニュース」のランキング