産経ニュース

誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘

「婚活」という言葉が登場してから10年。誤解されていた側面もある(写真はイメージ) 「婚活」という言葉が登場してから10年。誤解されていた側面もある(写真はイメージ)

 結婚することを目標に意識的な活動をすることを意味する「婚活」(こんかつ)は、中央大学の山田昌弘教授(家族社会学)が2008年に出版した「『婚活』時代」(白河桃子さんとの共著)をきっかけに、広がった言葉だ。一大ブームを巻き起こし、今年で10年。10年ぶりに改訂された「広辞苑」にも掲載されたが、果たして結婚をめぐる環境や日本人の結婚観は変わったのだろうか。「婚活」生みの親の山田教授に聞いた。

社会の変化を伝えた言葉

 「結婚活動」を略して婚活。山田教授が書いた「『婚活』時代」は、漫然と暮らしていては結婚できなくなった社会的背景を説き、結婚するには意識的に活動する「婚活」が必要だと訴え、ベストセラーとなった。台湾を中華人民共和国の一部として表記したり、LGBTの説明に間違いがあったりした広辞苑の第7版でも新たに「結婚相手を探すための活動」と紹介されている。

 婚活は「就活」をもじった造語。就活は、「就職活動」を縮めた言葉だが、就活も婚活も社会の大きな変化を背景に生まれた。

 かつては、学校を卒業すると苦労せずとも仕事は決まった。しかし、就職協定の撤廃や男女雇用機会均等法の施行など「規制緩和」が進んで選択肢が増えた結果、《なんとなく就職が決まる時代》は終わりを迎え、「就活」が必要な社会になった。

 一方、結婚は90年頃までは、見合いの斡旋(あっせん)も盛んだったし、職場は総合職の男性と一般職の女性が出会う場でもあった。恋愛のゴールが結婚で、いわば「規制された」市場だった。男性は仕事、女性は家事が基本的な考え方で、結婚後の生活様式は、ある意味画一的だったともいえる。

 「昔は男性はみんな定職についていた。見合いや職場結婚など、自動的に結婚相手と出会う環境があった。口べたで見た目に自信がなくても結婚はできました」と山田教授。

続きを読む

このニュースの写真

  • 誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘
  • 誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘
  • 誕生から10年「婚活」生みの親が男と女に鳴らす新たな警鐘

「ニュース」のランキング