産経ニュース

【衝撃事件の核心】少女を殺そうとした朝日販売店の28歳 座間9遺体事件の影響を本当に受けていないのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
少女を殺そうとした朝日販売店の28歳 座間9遺体事件の影響を本当に受けていないのか

 「座間の事件をまねしたわけではない」-。ツイッターに自殺願望を書き込んだ少女を誘拐して首を絞めたなどとして、1月3日に警視庁八王子署に殺人未遂などの容疑で逮捕された朝日新聞販売所従業員、斎藤一成容疑者(28)。その供述とは裏腹に、ツイッターに自殺願望を書き込んだ若者が次々と殺害された座間9遺体事件が明るみに出たのと同時期、斎藤容疑者のものとみられるツイッターのアカウントからは、複数の自殺志願者にメッセージが送られていた。“第2の座間事件”につながった可能性もあり、同署が慎重に捜査を続けている。

複数の少女にメッセージ

 「一緒に行ける相手は見つかりましたか? 部屋も空いてますので一度現実逃避を出来ます」

 座間事件発覚から10日ほど過ぎた昨年11月10日、ツイッターで「#自殺願望」のハッシュタグをつけた「中学2年の女」の投稿に対し、斎藤容疑者のものとみられるアカウントから、自宅に誘い込むかのような返信があった。同じアカウントからはこの時期、同様のメッセージが計4人の自殺志願者に送られていた。

 「一緒に楽になりましょう」「よければ話しましょう」…。斎藤容疑者は寄り添うような優しい口調でメッセージを送り、今回被害に遭った少女とも知り合ったとみられている。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング