PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】国民は知らされていない?野党第一党・立民代表が定例会見を開いていないこと 弱点が原因か

平成28年8月、自民党新執行部らのあいさつを受け、笑顔で見送る当時民進党の(左から)枝野幸男幹事長、蓮舫代表代行、長妻昭代表代行。今や全員が立憲民主党だ=国会内(斎藤良雄撮影)
Messenger

 枝野幸男代表(53)率いる立憲民主党の勢いが止まらない。1月13、14両日に共同通信社が実施した世論調査では、前月比0・2ポイント増の12・7%、昨年12月の産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査は13・9%で、死に体と化した民進党を見限った代表経験者の蓮舫氏(50)らを取り込み、衆参合計でも野党第一党になった。

 理念や政策を曲げず他党との単純な数合わせに走らぬ姿勢は他党幹部からも礼賛の声が上がる。希望の党などの支持率が低迷する中、野党勢力は立憲民主党のひとり勝ち状態だ。ただ、執行部をみれば、東日本大震災と原発事故対応で迷走した菅直人政権=「悪夢のオールスター」が居並ぶ上、メディアをはじめ他党からの賛美が相次ぐ立憲民主党の「筋を通した」姿勢には疑問視すべき点が多々あることを指摘したい。

× × ×

 「終わった話だと思っているので、われわれを巻き込まないでいただきたい」

 枝野氏は1月4日の年頭記者会見で、民進党が呼びかける立憲民主、希望両党の統一会派構想にくみしない考えを重ねて強調した。安全保障法制や憲法改正議論といった主要政策をめぐり考えの異なる政党との会派結成は、社民党の又市征治幹事長(73)が「数合わせ」と断じるように批判を浴びても仕方ないだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ