産経ニュース

【iRONNA発】医師の偏在問題 僻地への派遣制度は解決の切り札になるか 山田隆司

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
医師の偏在問題 僻地への派遣制度は解決の切り札になるか 山田隆司

鹿児島県の離島で医療に取り組んでいた瀬戸上健二郎氏。強制派遣は医師偏在の解決になるか 鹿児島県の離島で医療に取り組んでいた瀬戸上健二郎氏。強制派遣は医師偏在の解決になるか

 単なるインセンティブを与えることで、一部の医師のみが関係する問題として帰結してしまわないよう十分留意する必要がある。

 今回は「医師少数区域」での一定期間以上の勤務経験を有する医師を厚労省が認定し、認定医師であることを広告可能としたり、地域医療支援病院など、一定の病院の管理者になる際に評価したりすることが提案されている。

 筆者は自治医大卒業生であり、義務として僻地医療に従事してきた医師であるが、その立場からは僻地医療の経験が評価されることについては喜ばしい提案だと受け止めている。僻地や医師不足地域の問題が一部の特定の医師の問題ではなく、多くの医師が関わることにつながる施策が提案されることに賛意を表したい。地域偏在の問題を不足する地域だけが問題視し、対策を講じようとしても所詮無理があるからだ。

人格形成に有効

 また、僻地医療の問題に取り組むことで、これまで日本の医療がないがしろにしてきた課題が凝集してみえてきた。これまでの臨床医養成がともすると疾病に対する知識、技能の習得に傾きがちで、患者を取り巻く家族、地域社会などを理解し、それを踏まえた上で診療することで社会貢献につなげようとするような幅広い人格形成の面がおろそかになってきたことは否めない。そのような視点からみれば地域での研修、とりわけ家族やコミュニティーを理解しやすい僻地のような地域は臨床医にとって人格形成の面でこの上なく恵まれた環境なのである。

 医学生は低学年から地域で住民に触れ、コミュニケーションを学び、医療者として信頼されるような人格を養成する。特に初期研修や総合診療研修では主に医療資源が限られた地域の中小規模の病院を活用することで、基本的な診療能力が鍛えられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 医師の偏在問題 僻地への派遣制度は解決の切り札になるか 山田隆司

「ニュース」のランキング