産経ニュース

【びっくりサイエンス】手振りに従うロボット部隊が陸自に登場!? 「数年内に技術的なメド」防衛装備庁で研究進む

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
手振りに従うロボット部隊が陸自に登場!? 「数年内に技術的なメド」防衛装備庁で研究進む

防衛装備庁が開発を進めている、3次元ライダーを搭載した小型ロボット車両と、手前の人物のジェスチャーを表示するパソコンの画面(中央)=東京都世田谷区(小野晋史撮影) 防衛装備庁が開発を進めている、3次元ライダーを搭載した小型ロボット車両と、手前の人物のジェスチャーを表示するパソコンの画面(中央)=東京都世田谷区(小野晋史撮影)

 近年開発競争が激しい自動運転車の中核技術の一つでもあり、屋内外や昼夜を問わず、また悪天候でも人間の位置やジェスチャーをとらえることが可能だ。

 一方、音声で命令する場合は隊員がマイクを装着し、無線を用いる。「進め」「戻れ」といった命令の言葉は事前にロボットに登録しておかねばならない。

 これらは「音声認識」や「ジェスチャー認識」と呼ばれ、コントローラーを操作する手間が省けるのが利点だ。ロボットは複数でも対応できるという。

 コントローラーを持つと操作に専念する必要があり、自らの警戒がおろそかになる。そこで別の隊員がロボットを操作する隊員の安全を確保することになり、結果的に2人でロボットを操作する形になってしまう。これでは非効率だ。

 今のところ、この認識技術を用いたロボットの任務としては、物資輸送や偵察などが想定されている。資機材などを搭載した複数のロボットが隊員の後に続いたり、敵が潜んでいるかもしれない危険な場所に先行して情報収集を行ったりするイメージだ。

 将来的には、物資輸送や偵察よりも複雑な任務をロボットが遂行する場面も想定される。ただ、与えられる任務の種類は、自律性をはじめとしたロボット自身の性能に左右される。

続きを読む

このニュースの写真

  • 手振りに従うロボット部隊が陸自に登場!? 「数年内に技術的なメド」防衛装備庁で研究進む

「ニュース」のランキング