産経ニュース

【野党ウオッチ】「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

記者会見で新党「立憲民主党」の結成を表明した枝野幸男氏=平成29年10月2日、東京都千代田区(福島範和撮影)  記者会見で新党「立憲民主党」の結成を表明した枝野幸男氏=平成29年10月2日、東京都千代田区(福島範和撮影) 

 そもそも「排除された側」が立ち上げた立憲民主党が、「排除した側」の希望の党との統一会派に後ろ向きなのは自明のことだった。枝野氏も周囲に「もし民進党がうちと希望の党の両方に申し入れをするなら、申し入れ自体受けない」と語っていた。

 それでも立憲民主党側が一応テーブルに着いたのは「長年一緒に活動してきた民進党の仲間が時間をかけて議論した結果を受けてのものなので、そこを真摯に受け止めた」(福山氏)からだった。まさに「武士の情け」ともいえる理由で、離党ドミノに歯止めがかからない民進党と、その離党者を引き入れて拡大する立憲民主党との勢いの差を象徴していた。

 民進党系の再結集をかたくなに拒否し、独自路線で強気の姿勢を貫くのは民進党時代の反省と比較的高い支持率が背景にある。

 民進党は内部で意見対立を抱え、先の衆院選直前に最終的に分裂し、結果として与党を利することとなった。このため立憲民主党は「理念、政策の一致」を強調する。枝野氏は「立憲主義やそれに関連する安全保障法制について違う考え方の人が少なからずいる政党と統一会派を組んだり一つの党になったりすればそれこそ野合になる」と戒めを込めて語る。まるで自身が幹事長だった当時の民進党も同じだったことは眼中にないようだ。その過去を教訓としているのかもしれないが…。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線
  • 「排除された者の集まり」立憲民主に「二重」「不倫」の不安定要因 どうなる強気の膨張路線

関連トピックス

「ニュース」のランキング