産経ニュース

打倒「近大マグロ」! 海なし県・群馬が挑む「前橋ヒラメ」養殖

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


打倒「近大マグロ」! 海なし県・群馬が挑む「前橋ヒラメ」養殖

環境技術研究所の開発センターでは、1年で出荷ベースで重さ約1キロのヒラメが養殖できる=前橋市(久保まりな撮影) 環境技術研究所の開発センターでは、1年で出荷ベースで重さ約1キロのヒラメが養殖できる=前橋市(久保まりな撮影)

 「海なし県」の群馬で高級海水魚、ヒラメの活魚を養殖し、食べられる-。そんな夢を実現させたベンチャー企業がある。前橋市の環境技術研究所だ。海水を注ぎ足さず水を循環させるシステムを開発し、1年間いつでもヒラメを出荷できるようになった。現在、年間約800匹を市内の飲食店などに出荷している。世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功した「近大マグロ」に対抗する「前橋ヒラメ」は誕生するか-。(前橋支局 久保まりな)

 日曜大工で作れる設備

 前橋市六供町の同社開発センター。断熱材が貼られ太陽光を遮った施設内には、アクリル板を接着させた手作りの水槽が並び、畳1畳分ほどの水槽の底にヒラメ約150匹が重なり合う。

 大がかりな機械は一切なく、ポンプや水槽などすべて日曜大工で作れるような手軽なものばかりだ。

 現在、同センターでは1年間いつ注文が来ても出荷できるよう、時期をずらしてヒラメを飼育し、年間約800匹を市内の飲食店などに出荷している。

 海水を濾過して循環

 同社は嶋田大和社長と、大学の同級生で前橋工科大学の梅津剛准教授が平成13年に立ち上げたベンチャー。もともとは、梅津准教授の研究分野の流体力学を生かし、いかに水をきれいにして魚を長生きさせるかという課題の解決を目指す水質浄化装置の開発に励んでいたが、魚の養殖にも手を伸ばした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 打倒「近大マグロ」! 海なし県・群馬が挑む「前橋ヒラメ」養殖
  • 打倒「近大マグロ」! 海なし県・群馬が挑む「前橋ヒラメ」養殖

「ニュース」のランキング