産経ニュース

【2018大予測】隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018大予測】
隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 

人民解放軍建軍90周年を記念し、内モンゴル自治区の基地で閲兵する習近平国家主席の映像。中国中央テレビが2017年7月30日放映した(共同) 人民解放軍建軍90周年を記念し、内モンゴル自治区の基地で閲兵する習近平国家主席の映像。中国中央テレビが2017年7月30日放映した(共同)

 右翼団体の街宣活動では、集計期間(17年1月1日~10月31日)中、韓国関連で延べ約1240団体、約2740人、街宣車約290台が動員された。前年同期が、それぞれ約870団体、2150人、約750台だったのに比べると大幅増である。

 韓国・北朝鮮をめぐってはヘイトスピーチを伴うデモなどを行う「右派系市民グループ」も相変わらず活発で、警察は逮捕なども含め「厳正に対処」している。日本人は、国内でも「歴史戦」をめぐる危機を直視せざるを得ない状況に追い込まれている。

 公安情勢では続いて革マル派、中核派、革労協-などの極左暴力集団に移る。警備局は特に、若者の獲得に向けた取り組みを強化する中核派の動きに注目。「反原発」「反共謀罪」などのテーマで大衆運動を通じた組織拡大に力を入れる実態を浮き彫りにした。

 同派はまた、機関紙「前進」を高校生向けに発行、ネット上でも動画共有サイトで「前進チャンネル」を開設し、一般の国民への浸透努力を続けている。

 かつて内ゲバやゲリラ、テロで多数の死傷者を出している極左暴力集団が、いかに「市民」や「大衆運動」を語ろうとも本質は変わらない。脅威である。

 冊子では「外事情勢」の項で朝鮮総連を特記。危険な挑発を続ける北朝鮮を支持するなど、旗幟鮮明な関係を隠さないこの監視対象団体について警備局は、金正日国防委員長の誕生日である2月16日や金日成主席の誕生日である4月15日などの記念日に訪朝団を派遣するなどの動きに注目している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 

「ニュース」のランキング