産経ニュース

【2018大予測】隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018大予測】
隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 

人民解放軍建軍90周年を記念し、内モンゴル自治区の基地で閲兵する習近平国家主席の映像。中国中央テレビが2017年7月30日放映した(共同) 人民解放軍建軍90周年を記念し、内モンゴル自治区の基地で閲兵する習近平国家主席の映像。中国中央テレビが2017年7月30日放映した(共同)

 習政権は17年10月、中国共産党規約に●(=登におおざと)小平・毛沢東以来となる個人名を冠した思想「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」を書き込み、自身への権力集中と「一帯一路」による“世界統治”構想の野心を隠さない。

 巨大市場としての魅力、歴史と雄大なスケールのイメージから旅行地としてもある程度、人気があるが、先方の思惑ひとつで拘束されかねないリスクを伴う国であることも忘れてはいけない。2018年も中国への渡航の際には十分な心構えが必要といえる。

国際社会の圧力の足並み乱す姿勢

 「国際情勢」の章で“拘束大国”の中国よりも、核・ミサイルで世界を恫喝(どうかつ)する北朝鮮よりも、紙幅を割かれているのが、実は“お隣の国”である。

 韓国では5月に「反日・反米・親北・親中」の文在寅政権が誕生。文氏は北朝鮮への国際包囲網が強まろうとする中で、「条件が整えば平壌にも行く」と発言、対話を通じた問題解決に意欲を示した。

 文氏のこの動きは、核・ミサイルで恫喝するという対外政策からの転換を北朝鮮に促そうとする国際社会の圧力の足並みを乱す危険な姿勢である。

 韓国に関しては慰安婦問題をめぐる日韓合意から2年が過ぎたが、ソウルの日本大使館前の慰安婦像が撤去されないばかりか、新たに釜山の日本総領事館前の路上にも設置された。

 文氏はこうした像の増設について「民間の問題を政府が解決するには限界があり、時間が必要だ」などと繰り返すばかりで、当事者責任を自覚しているとは言い難い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 
  • 隣国リスク 中国で日本人拘束の危険 日韓関係の悪化で日本の施設が狙われる? 

「ニュース」のランキング