産経ニュース

【ウワサの現場】「お触り、ポイ捨ては御遠慮を」プチフィーバー続くチバニアン、早くも規制?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ウワサの現場】
「お触り、ポイ捨ては御遠慮を」プチフィーバー続くチバニアン、早くも規制?

「チバニアン」フィーバーで観光地化しつつある地質年代の基準値の地層=千葉県市原市田淵 「チバニアン」フィーバーで観光地化しつつある地質年代の基準値の地層=千葉県市原市田淵

 「(国際的に認められるという)こうなる日を望んで7年間、地元の老人会で危険箇所を整備したり頑張ってきた」と山田さん。貴重な場所として、研究や観光で多くの人を迎えるられるよう、ゴミの問題を含めた受け入れ体制の整備を第一に望んでいる。

 今後、国際学会により「チバニアン」が正式に地質年代に採用される日が来るだろう。その時に改めて、チバニアンフィーバーの到来が見込まれ、それまでにどれだけの受け入れ態勢が整うか。山田さんら地元の人は、心の中で今以上の大人数を迎える日を見据えている。

 同市では、世界的に希少な地層として保存して観光資源にしようと、国の天然記念物指定に向けて事務手続きの準備を進めているという。

 (千葉総局 飯村文紀)

      

 所在地 千葉県市原市田淵。田淵会館(同市田淵1165)から徒歩5分程度。小湊鉄道月崎駅から田淵会館まで無料シャトルバスを運行(週末のみ)。車の場合は臨時駐車場(旧市南部老人福祉センター)からシャトルバスを乗車。平日は田淵会館の駐車場を利用できる。河原に立ち入るので長靴などの準備は無難。

 チバニアン 千葉県市原市の地層について、茨城大などのチームが国際地質科学連合に申請した地質の「千葉時代」を表すラテン語。77万~12万6000年前の地質年代に当たり、磁気のN極とS極が徐々に逆転し、現在の向きになった痕跡が鉱物にあるという。今後3回の審査が残されている。名称は年代境界の観察や研究がしやすい場所から選ばれる。

 地質年代 地球誕生から現在までの46億年を年代ごとに区切ったもので、生物や気候、地球の磁気の特徴などを基に決める。古生代、中生代などの大きな区分のほか、100を超える小さな区分があり、地球の歴史や成り立ちを探る地質学の基本的な物差しになっている。約3400万年前以降の年代名は、イタリアが大半を命名した。

このニュースの写真

  • 「お触り、ポイ捨ては御遠慮を」プチフィーバー続くチバニアン、早くも規制?
  • 「お触り、ポイ捨ては御遠慮を」プチフィーバー続くチバニアン、早くも規制?
  • 「お触り、ポイ捨ては御遠慮を」プチフィーバー続くチバニアン、早くも規制?
  • 「お触り、ポイ捨ては御遠慮を」プチフィーバー続くチバニアン、早くも規制?

「ニュース」のランキング