産経ニュース

早期退職して15年…群馬・太田市のエンジニア(70)が陸軍四式戦闘機「疾風」(キ84)復元中

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


早期退職して15年…群馬・太田市のエンジニア(70)が陸軍四式戦闘機「疾風」(キ84)復元中

復元された疾風の機体前部と黒田さん=群馬県太田市 復元された疾風の機体前部と黒田さん=群馬県太田市

 群馬県南東部に位置し、北関東随一の工業都市である太田市。このまちは、飛躍的な発展を遂げた自動車大手、SUBARU(スバル)の本拠地だ。同社のルーツは中島飛行機。元海軍機関将校の中島知久平(明治17年~昭和24年)が「飛行機報国」を念じて大正6年12月に創設した。

 同市宝町に居を構える黒田郁夫さん(70)は、大戦中に中島飛行機が製造した戦闘機の復元を進めている。機体は陸軍の四式戦闘機「疾風(はやて)」(キ84)。米国から「日本最優秀戦闘機」として恐れられた戦闘機だ。

 「小さなころから大空にあこがれ、退職するまでグライダーで空を飛んでいた」という黒田さんは「本で知久平を知っていた。『軍艦よりも飛行機だ』という先見の明は神様のように感じた」と語る。

 知久平を慕って、大学卒業後の22歳の時に山形市から太田市に移り住んだ。

 電機メーカーのエンジニアだった約20年前から中島飛行機の戦闘機の中から「機体がスマート」という理由で疾風の復元を計画、資料などを探していた。

 55歳の時に会社を早期退職し、以来15年間、専門誌に掲載された設計図や戦時中の写真などをもとに、自宅の工房で毎日4時間、1人で復元作業を進めている。部品は全国から収集したほか、足りない部品は自ら製造した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 早期退職して15年…群馬・太田市のエンジニア(70)が陸軍四式戦闘機「疾風」(キ84)復元中
  • 早期退職して15年…群馬・太田市のエンジニア(70)が陸軍四式戦闘機「疾風」(キ84)復元中

「ニュース」のランキング