産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】必見!ブラック企業見極める4つのキーワード

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
必見!ブラック企業見極める4つのキーワード

教科書にもワークライフバランスやブラック企業など労働問題に関する記述が登場するようになった 教科書にもワークライフバランスやブラック企業など労働問題に関する記述が登場するようになった

 「ブラック企業」-。就職活動で幅広く使われている言葉です。世の中に浸透し始めたのは平成17年ごろからです。一般的にブラック企業と聞くと、良い印象が浮かばないと思います。人によって定義が異なるため、本人の考え方や価値観に合わない企業は当然のようにブラックになってしまいます。しかし、イメージが先行し過ぎてしまうと正しい評価ができなくなってしまうので注意しましょう。

 ブラック企業とは、基本的に労働者を酷使し、使い捨てにする企業のことを指します。長時間労働や高いノルマを課し、脱落者に対してはパワハラやセクハラを繰り返すことで、強制的に自主退社に追い込みます。

 しかし、現在の日本の新卒一括採用基準では、働くまでは企業の本当の姿を知ることはほとんどできません。従って、学生の立場からすると、表面的な情報だけで判断する必要があり、入社後のミスマッチを生んでしまいます。そこで、以下の項目を見つけたら要注意だなと感じてもらう4つのキーワードをご紹介いたします。

 【(1)大量採用】

 総従業員数に対して、大量に採用する企業は要注意です。もちろん、規模の拡張に伴う大量採用も存在するので、一概に全ての企業に当てはまるというわけではありません。プレスリリースやビジョンを確認すると、人数を増やす理由が書かれていますので日頃からニュースを追うようにしましょう。

続きを読む

「ニュース」のランキング