産経ニュース

【野党ウオッチ】看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる

 さらに、希望の党は国政政党の足腰ともいえる地方組織づくりの戦略が描けていない。

 ほぼ同じ時期に民進党から分裂し結成された立憲民主党がすでに東京、大阪、愛知、京都など6都府県連を設立しているのに対し、希望の党は都道府県単位の地方組織をいまだに擁していない。東京や大阪では民進党の地方議員が立憲民主党に移る動きが加速しており、古巣の地方組織の「争奪戦」という面では、希望の党は完全に出遅れている。

 先の衆院選の当選者数だけを見れば、立憲民主党は55人(追加公認を含む)、希望の党は50人で、それほど大きな差があるようには映らない。しかし、「実動部隊」となる地方議員の数の差は今後の国政選挙で必ず響く。

 地方議員が希望の党に魅力を感じないのはなぜか。その大きな理由は、この政党ならではの節操のなさではないか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる
  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる
  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる
  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる

関連トピックス

「ニュース」のランキング