産経ニュース

【野党ウオッチ】看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる

 この状態から党勢を上向かせることは容易ではない。まず致命的なのは「看板」の不在である。

 「今国会から『玉木!玉木!玉木!』で行く。わが党の質問は『とにかく玉木』で行く。国の軸となる大きな話をさせる」

 先の特別国会の開会直後、希望の党のある中堅議員はこう息巻いていた。小池氏の後を継いだ玉木雄一郎代表(48)を国会論戦で前面に押し出してアピールしよう、という意味だ。しかし、特別国会が閉会した今、ひいき目に振り返ってみても「玉木!玉木!玉木!」というほどの強い印象は残っていない。

 確かに、玉木氏が代表質問で口にした「土のにおいのする政党」という言葉からは、党の方向付けがぼんやりとではあるが感じられた。しかし、「看板」と呼ぶには、あまりに漠然としていて訴求力に欠ける。

 希望の党と同じく「改革保守政党」を標榜する日本維新の会と比べてみると分かりやすい。維新は「大阪都構想」という具体的な政策の実現のために結成された政党である。党の「看板」となる政策があるからこそ、橋下徹前代表(48)という創業者が政界引退した今もなお、そのレゾンデートル(存在意義)は揺らいでいない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる
  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる
  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる
  • 看板なし!節操なし!地方組織なし! 「三重苦」の希望の党の断末魔が聞こえる

関連トピックス

「ニュース」のランキング