産経ニュース

【外交・安保取材の現場から】北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【外交・安保取材の現場から】
北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか

安倍晋三首相(左)とロシアのプーチン大統領の日露交渉は来春まで「冬眠」状態に入る見通しだ=11月、ベトナム・ダナン(共同) 安倍晋三首相(左)とロシアのプーチン大統領の日露交渉は来春まで「冬眠」状態に入る見通しだ=11月、ベトナム・ダナン(共同)

 露外務省をはじめ、「四島は戦争の結果、ロシア領土になった」とする対日強硬派は領土交渉に否定的な立場だ。再選が確実といわれるプーチン大統領(65)でさえ、選挙が近づけばそうした勢力に配慮せざるを得ない。日本に妥協して世論の反発を買うのは避けたいからだ。大統領選まで首脳会談が開けないのも同じ理由だ。

 一方、裏を返せば、プーチン氏が盤石の政権基盤を確保した大統領選後は、強硬派を押さえ込んで大胆な決断をする可能性が出てくるだけに、好機となり得る。安倍晋三首相(63)が10月の衆院選で大勝したことも領土交渉においてはプラスの要素だ。

 外務省幹部はこうしたことを念頭に「大統領選後は勝負をしなければならない」と話し、来年5月の安倍首相の訪露に向けて準備を急ぐ構えだ。

 鍵を握るのは来年1月下旬から2月にかけて開催予定の次官級協議の成否だ。領土交渉に入る前提となる共同経済活動を実現するためには、日露双方の法的立場を害さない「特別な制度」が必要だが、露側は特別な制度に関して強硬な姿勢を崩していない。特別な制度の創設で露側と合意できなければ、共同経済活動は「絵に描いた餅」で終わってしまう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか
  • 北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか
  • 北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか
  • 北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか
  • 北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか
  • 北方領土はプーチン氏圧勝なしには動かない 「総理、今です!」の時は来るか

「ニュース」のランキング