産経ニュース

【びっくりサイエンス】絶滅生物は生きていた 植物、昆虫、魚…喜んでばかりいられない

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
絶滅生物は生きていた 植物、昆虫、魚…喜んでばかりいられない

79年ぶりに開花した「シマクモキリソウ」(国立科学博物館提供) 79年ぶりに開花した「シマクモキリソウ」(国立科学博物館提供)

 かつては東北や関東の大きな河川に広く分布していた。だが、現在は秋田県、岩手県、宮城県などのため池や用水路など、ごく限られた場所でしか確認されていない。環境省のレッドリストでは、絶滅危惧種に指定されている。

 研究チームは昨年8月、雄物川本流の112キロにわたる区間で99地点の表層水を採取。ゼニタナゴの表皮やふんから出たDNAが含まれていないか調べた。また、ゼニタナゴが卵を産み付ける二枚貝を仕掛け、繁殖状況も調査した。

 その結果、2地点でゼニタナゴのDNAを検出。これらの地点はゼニタナゴがいる可能性が高いとみて、さらに詳しい調査を行った結果、1地点で雄と雌の成魚各1匹を捕獲した。この地点では、二枚貝に卵が産み付けられており、ゼニタナゴの繁殖地点を特定することもできた。

 杉山秀樹・秋田県立大客員教授は「全国の大河川が、外来魚の放流や河川整備などによってゼニタナゴの住みにくい環境になっている中、本来の生息域で見つかったことは非常にうれしい。今後はさらに、保全に向けて調査を続けていきたい」と話した。

 今回の広範囲な調査は、環境DNA分析という手法が比較的低コストで簡単に行えることから実現した。ゼニタナゴ以外の水生希少種の調査にも役立ちそうだという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 絶滅生物は生きていた 植物、昆虫、魚…喜んでばかりいられない
  • 絶滅生物は生きていた 植物、昆虫、魚…喜んでばかりいられない
  • 絶滅生物は生きていた 植物、昆虫、魚…喜んでばかりいられない

「ニュース」のランキング