産経ニュース

【横綱・日馬富士暴行問題】なぜ貴乃花親方は沈黙を続けるのか? その理由とは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行問題】
なぜ貴乃花親方は沈黙を続けるのか? その理由とは…

 さらに、九州場所初日から休場する根拠として13日に公表された診断書に疑義も生じた。

 「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度と考えられる」との内容だったが、協会が診断した医師に確認したところ、全治2週間は受傷した10月26日からの期間で、九州場所前の11月9日時点で相撲を取ることに支障がない、と判断していることが明らかになった。

 なぜ休場させたのだろうか-という新たな疑問が生じた。

 協会は鳥取県警の捜査を優先させつつ、独自に危機管理委で調査を始め、日馬富士関ら九州場所休場者を優先して聴き取りを行った。横綱鶴竜関(32)、関脇照ノ富士関(25)からも聴取した。

 真相解明に被害者である貴ノ岩関に話を聞くことは欠かせないとして、八角理事長(元横綱北勝海、54)が22日に役員室に貴乃花親方を呼び出して協力要請をしたが、貴乃花親方は「お断りします」と拒否した。貴ノ岩関の体調不良などが理由という。当事者の一方から聴き取りのめどが立たない状況となっている。

 貴乃花親方がかたくなな姿勢を崩さない背景には執行部への不信感があるのだろうか。来年1月の初場所後には2年に1度の理事選と、理事長選が控えることから、騒ぎを広げる狙いがあるとの見方もささやかれる。

 昨年の選挙では日馬富士関の師匠にあたる伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士、57)と共闘したが、過半数の支持を集めることはできず、理事長選では八角親方に敗れた。

 直後に貴乃花親方は「肩の荷が下りた。すがすがしい気持ち。今日で終わりましたから一つの屋台骨を支えていく」と八角理事長体制の下での一致団結を誓っていたのだが…。

続きを読む

このニュースの写真

  • なぜ貴乃花親方は沈黙を続けるのか? その理由とは…
  • なぜ貴乃花親方は沈黙を続けるのか? その理由とは…
  • なぜ貴乃花親方は沈黙を続けるのか? その理由とは…
  • なぜ貴乃花親方は沈黙を続けるのか? その理由とは…
  • なぜ貴乃花親方は沈黙を続けるのか? その理由とは…

「ニュース」のランキング