産経ニュース

【iRONNA発】芸能人の労働問題 「奴隷契約」を公取委のメスは是正できるか 杉江義浩

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
芸能人の労働問題 「奴隷契約」を公取委のメスは是正できるか 杉江義浩

所属する芸能事務所に契約の解除などを求めて提訴し、記者会見する元アイドルの女性=14日、東京・霞が関の司法記者クラブ 所属する芸能事務所に契約の解除などを求めて提訴し、記者会見する元アイドルの女性=14日、東京・霞が関の司法記者クラブ

共犯者はテレビ局

 もちろん芸能プロダクション側の言い分もわかります。タレントが売れない頃から多くのお金と時間をかけて、プロとしての心得やマナーを教育し、多大な広告宣伝費を投資するわけです。それがいざ売れっ子になった途端に辞められたのでは、資金を回収できずにたまったものではない、という主張です。そのリスクの一部を事務所が引き受けているのは事実ですが、だからといって売れたタレントを生涯支配し続けてもよい、という根拠にはなりません。

 もう一点、契約の問題とは別に、大手芸能プロダクション数社が市場を独占しているのではないか、という疑惑も表沙汰になるかもしれません。いわゆる「闇カルテル」です。私はむしろこの問題こそ、日本の芸能界のダークな部分であり、必要があれば行政がメスを入れるべきテーマだと考えます。

 ネット上では既に大いに語られていますが、テレビのワイドショーでは決して話題になることがない「タレントの誰々が事務所からの圧力によって仕事を干されている」といった情報。テレビ局がなぜそういう情報を発信しないのかというと、テレビ局自体も大手芸能プロダクションの意向に気をつかい「仕事を干す」片棒を担いでいる共犯者であるからです。

続きを読む

このニュースの写真

  • 芸能人の労働問題 「奴隷契約」を公取委のメスは是正できるか 杉江義浩

「ニュース」のランキング