産経ニュース

【岡部伸の新欧州分析】EU離脱交渉が現代版「英仏戦争」の様相に 英国の前に立ちはだかる仏出身交渉官

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【岡部伸の新欧州分析】
EU離脱交渉が現代版「英仏戦争」の様相に 英国の前に立ちはだかる仏出身交渉官

第6回交渉が行われたブリュッセルで11月10日、記者会見するEUのバルニエ首席交渉官(右)と英国のデービスEU離脱担当相(AP) 第6回交渉が行われたブリュッセルで11月10日、記者会見するEUのバルニエ首席交渉官(右)と英国のデービスEU離脱担当相(AP)

 大方の予想通り、英国と欧州連合(EU)の離脱交渉は難航している。決裂して経済活動や国民生活が混乱するリスクが現実味を帯びている。停滞理由として、求心力が低下するメイ英首相の指導力不足が挙げられるが、柔軟なアプローチを求める英国の要請をかたくなに拒むEUの非妥協的スタンスにも責任の一端がある。敵意丸出しで譲歩を迫るEUの首席交渉官、ミシェル・バルニエ元フランス外相(66)は、その旗頭だ。

決裂も辞さず

 「英国に対する宣戦布告」。仏メディアがこう報じた通り、バルニエ氏は、「アングロ・サクソン式」の自由市場モデルに敵対する交渉姿勢を貫いている。

 「年内に貿易協議入りを決断するには、2週間以内に拠出金で明確な方針を示す必要がある」。ブリュッセルで10日まで開かれた第6回交渉。バルニエ氏は英国側に圧力をかけた。

 「英国は貿易交渉開始に精算額を提示する必要はない」。英国のデービスEU離脱相が反論すると、すかさず「決裂の可能性に備えた計画にとりかかる必要がある」と脅しをかけた。

 7月に始まった第1回交渉では「悪い合意よりは、合意しない方がましだ」と強弁するメイ氏を、「公正な合意は可能だ。合意しないよりはるかに良い」といさめて冷静だった。

続きを読む

「ニュース」のランキング