産経ニュース

【中東見聞録】サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中東見聞録】
サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?

サウジのアブドルアジーズ初代国王(左)と、2代目を継ぐことになる息子のサウド=撮影日時不明(AP) サウジのアブドルアジーズ初代国王(左)と、2代目を継ぐことになる息子のサウド=撮影日時不明(AP)

 ただ、2年以上が経つ今も介入策は十分な効果をあげておらず、サウジの出口戦略も見えてこない。泥沼化で戦費負担も増大している。

 一方で、若いムハンマド皇太子は国内の若年層から高い人気を保つとされるものの、高齢の父王が死去すれば、反対派からの反撃を受ける可能性も否定できない。

 今回、サルマン国王やムハンマド皇太子が、「反腐敗運動」の名の下で一気に宮廷内の粛清に乗り出したのは、こうした事情が絡み合う中での大勝負だったのではないか。

 現地からの報道などによると、今回摘発対象となった王子やビジネスマンらは、数日前にムハンマド皇太子主催の大規模な経済会議が開かれた高級ホテルで身柄を拘束されているという。同会議への参加者も多かったとみられる。

 このニュースに接し、思わず連想した故事がある。

 イスラム教の預言者ムハンマド(570年ごろ~632年)の死から1世紀余りの紀元750年。イスラム最初の世襲王朝であるウマイヤ朝に反旗を翻したアッバス朝の創始者アブーアッバスは、「和解の宴」を開くと偽ってウマイヤ家の主立った者たちを一堂に集め、殺害した。ウマイヤ家側による反攻の芽を摘むためだった。この凄惨な事件のために、アブーアッバスは「サッファーフ(血を注ぐ者)」という二つ名で呼ばれることになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?

「ニュース」のランキング