産経ニュース

【中東見聞録】サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中東見聞録】
サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?

サウジのアブドルアジーズ初代国王(左)と、2代目を継ぐことになる息子のサウド=撮影日時不明(AP) サウジのアブドルアジーズ初代国王(左)と、2代目を継ぐことになる息子のサウド=撮影日時不明(AP)

 さらに国王は、実子MbSに国防相のほか、経済政策のトップである経済開発評議会議長や王宮府長官などを兼務させ、権力集中を図った。こうした人事は、国王がいずれは自分の血筋で王統を独占しようとするものだとして反発を呼んだ。

 英紙インディペンデントは15年10月、王族筋の話として、当時存命だった第2世代の王子らの大部分が、サルマン国王の一族による権力独占に反対していると伝えている。

 にもかかわらず、サルマン国王は今年、MbNを廃嫡し、実子MbSを皇太子とする人事を発表。それが他の王族のさらなる反発を招いたことは想像に難くない。

 今回の王族らの一斉拘束は、そんな緊張状態の中で起きた。サルマン国王側が何らかの事情で、反対派を排除し、後継レースの決着を急ごうとしたのではないか、との観測が出るのも不思議ではあるまい。

 「サウジ王室は、じっくりと根回しを進めた上で意志決定をするのが普通で、意見対立が表面化するのは珍しい。なのに今回は一気呵成に事態が動いた。かなり異常なやり方だ」。サウジ情勢に詳しい西側外交筋はこう語る。

 ネット上でサウジウォッチャーらから指摘されている事情の一つに、サウジが抱える財政難がある。

 サウジは、ここ数年の世界的な原油価格低迷と、15年に軍事介入した隣国イエメンでの戦費増大などで財政が逼迫。15年秋には国際通貨基金(IMF)が、このまま赤字を垂れ流せば、「5年以内にサウジの外貨準備は枯渇する」とまで警告した。

続きを読む

このニュースの写真

  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?
  • サウジで宮廷粛清が始まった 初代国王が危惧した権力闘争の行方は?

「ニュース」のランキング