産経ニュース

【ニュースの深層】“食い物”にされる実習生 セクハラ、パワハラ、賃金未払い…「奴隷」批判も 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
“食い物”にされる実習生 セクハラ、パワハラ、賃金未払い…「奴隷」批判も 

外国人実習生がかぶっていたヘルメット。「上司から工具で殴られ割れた」という=厚生労働省(天野健作撮影) 外国人実習生がかぶっていたヘルメット。「上司から工具で殴られ割れた」という=厚生労働省(天野健作撮影)

 働きながら技術を身に付ける「外国人技能実習制度」で、11月から罰則を強化する適正化法が施行された。制度をめぐっては、これまでセクハラや賃金未払いなど違法行為が相次いでいる。実習生が“食い物”にされ、「人権侵害」との国際批判もある。もともと制度の趣旨は「国際貢献」であるにもかかわらず、新たな制度になっても受け入れ先が外国人を「安い労働力」として偏見的に捉える実態は変わらない。(社会部 天野健作)

受け入れ先から「アホ」「死ね」の暴言

 「家族と離れて日本に来て、我慢してきたがつらい思い出ばかりだった」

 カンボジア国籍の技能実習生だった男性(34)はこう言ってうなだれた。

 男性は平成26年6月に来日後、東京都内の建設会社で配管工として働き始めた。言語能力に難があり、コミュニケーションを取るのに不自由した。直後、上司から「アホ」「死ね」などの暴言を吐かれ、工具でヘルメットを思いっきりたたかれるなどの暴行を受けたという。

 27年9月、現場で作業中に電気のこぎりに巻き込まれ、左手人さし指の先端を切断。事故後、受け入れ先から「金欲しさにわざと切ったのだろう」などと暴言が繰り返されたため、精神的におかしくなり、病院で鬱病と診断された。立川労働基準監督署(東京)も労災認定している。

続きを読む

このニュースの写真

  • “食い物”にされる実習生 セクハラ、パワハラ、賃金未払い…「奴隷」批判も 
  • “食い物”にされる実習生 セクハラ、パワハラ、賃金未払い…「奴隷」批判も 

「ニュース」のランキング