産経ニュース

ユーチューバーの仮想株式「VALU」売り逃げで物議 「市場の番人」関心も法規制の対象外 危うい一面も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


ユーチューバーの仮想株式「VALU」売り逃げで物議 「市場の番人」関心も法規制の対象外 危うい一面も

 金商法に詳しい河本秀介弁護士は今回の騒動について「新しいサービスを一概に否定すべきではないが、利用者が金商法などの法律で守られていない以上、VALUの発展のためにも、自主的に取引のルールを定めることが大事だ」と指摘。さらに、金商法の改正で対応できなければ、新たな法整備が必要との見解を示した。

 同社の関係者は産経新聞の取材にこう釈明した。

 「今回の騒動のように悪巧みをする人間が現れるとは想定していなかった」

 VALU=個人が「VA」と呼ばれる仮想株式を発行し、仮想通貨に換算して売買できるサービス。今年5月末に試作版が公開され、来年にも本格的なサービスが始まる予定。株式が企業に投資するのに対し、VALUは個人が投資対象となっているのが特徴で、一定の条件を満たせば運営会社の「VALU」からVAの発行が許可され、“時価総額”が決まる。発行者は自身のVAを売却することで資金を得ることができる。人気のVAであれば、利用者間で高値での売買が行われ、価値が上がっていく。

「ニュース」のランキング