産経ニュース

2位じゃダメ?ハンドボール強豪高校で起きた監督の賞状破りは「指導」?「パワハラ」? 為末大氏に聞くと…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


2位じゃダメ?ハンドボール強豪高校で起きた監督の賞状破りは「指導」?「パワハラ」? 為末大氏に聞くと…

ハンドボール強豪高校の監督が、賞状を破り捨てた行為が波紋を呼んでいる(写真と記事は関係ありません) ハンドボール強豪高校の監督が、賞状を破り捨てた行為が波紋を呼んでいる(写真と記事は関係ありません)

 全国大会での優勝経験もあるハンドボール強豪高校の50代の男性監督が、昨秋に行われた県新人戦で贈呈された2位の賞状を、選手らの面前で破り捨てたことが波紋を呼んでいる。選手に圧力をかけて成長を促す指導はスポーツ界でしばしばみられる手法の一つだが、「体罰」との境界線は曖昧だ。教育現場はどんな変革を求められているのか。(社会部 三宅陽子)

保護者から協会への通報で発覚

 男性監督による賞状破りが発覚したのは、これまでの監督の言動を問題視した選手の保護者の一人が今年2月、日本ハンドボール協会(以下、日本協会)に「体罰やモラルハラスメントがあった」などと通報したことがきっかけだった。

 日本協会は6月、部員への暴力行為を理由に監督を3カ月の指導停止処分としたが、監督は処分を不服として日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に申し立てを実施。JSAAは9月、処分について「どの事実を認定し、処分対象としたかが明確になっていない」などと指摘した上で、日本協会の調査手続きに瑕疵(かし)があったとして、監督の処分を取り消すとする「仲裁判断」を出した。

 日本協会、JSAAのいずれも、どこの県かや学校名などは公表していない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 2位じゃダメ?ハンドボール強豪高校で起きた監督の賞状破りは「指導」?「パワハラ」? 為末大氏に聞くと…
  • 2位じゃダメ?ハンドボール強豪高校で起きた監督の賞状破りは「指導」?「パワハラ」? 為末大氏に聞くと…

「ニュース」のランキング