産経ニュース

【野党ウオッチ】橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

9月25日、政党を次々と変える議員を「チョロネズミ」と揶揄した橋下徹氏のツイッター 9月25日、政党を次々と変える議員を「チョロネズミ」と揶揄した橋下徹氏のツイッター

 今井氏は旧民主党が政権奪取を果たした21年の衆院選で同党の公認を受けて初当選した。24年の衆院選は日本維新の会、26年は維新の党、そして先の衆院選では希望の党から出馬して「選挙区敗退→比例当選」のゾンビ復活劇を繰り返している。

 そもそも、旧民主党に三くだり半を突きつけて日本維新の会に参加したはずの今井氏だが、橋下氏らと決別した後は、民進党結成に参加する形で古巣への実質的な「復党」をあっさり果たした。たもとを分かった橋下氏から「野田(佳彦)政権がもうダメだとなったとき、自分だけはとにかく当選するために、まさに保身のために、僕に助けを求めてきた」と無節操ぶりを批判されたのもむべなるかな、である。

 さて、希望の党は先の衆院選の公約で「現行の安全保障法制は憲法に則(のっと)り適切に運用します」とうたっている。「踏み絵」と呼ばれた政策協定書にも同様の文言がある。ごく普通の日本語読解能力がある者にとっては、同党の政策が「現行の安全保障法制」を前提としていることは疑いようがない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?
  • 橋下徹氏が駆除できなかった「チョロネズミ」たちのとんでもない生命力!?

「ニュース」のランキング