産経ニュース

泥棒が暴いた北朝鮮のセコ~い外貨稼ぎ 外交官宅に大量洋酒、パキスタンで密売か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


泥棒が暴いた北朝鮮のセコ~い外貨稼ぎ 外交官宅に大量洋酒、パキスタンで密売か

忍び込んでビックリ 忍び込んでビックリ

 パキスタンで起きた不思議な事件が耳目を集めている。北朝鮮外交官の自宅に泥棒が入ったのだが、ウイスキーなど大量の洋酒が盗まれたのだ。とても一世帯で飲みきれる量ではないことが憶測を呼んでいる。世界各地でさまざまな手段を駆使して外貨を獲得する北の外交官。この酒も“ビジネス”のひとつだった可能性がある。(ニューデリー 森浩)

自宅には金銀財宝に大量の酒

 事件が起きたのは10月初旬のことだ。パキスタンの首都イスラマバードのある住宅から警察に「留守の間に泥棒が入った」という通報があった。

 現地の英字紙パキスタントゥデイによると、通報したのは北朝鮮大使館に勤務する男性書記官。中国・北京への出張を終えて、自宅に戻った際、貴重品などがないことに気付いたという。

 防犯カメラなどの情報から浮かび上がった犯人は複数の地元警察官だった。犯人たちは出張した留守宅を狙って制服のまま自宅に侵入していた。

 侵入盗が警官だったこだけでも驚きだが、さらに世間の度肝を抜いたのは盗まれた品の数々だ。

 書記官の自宅からは、高級酒450ケース、ラップトップのパソコン、金とダイヤモンドなどが持ち出されていた。価値として日本円に換算すれば数百万円に達するという。

続きを読む

「ニュース」のランキング