産経ニュース

【トランプ旋風から1年(3)】2つのロシア疑惑 政治の不安定化が狙いか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トランプ旋風から1年(3)】
2つのロシア疑惑 政治の不安定化が狙いか

9月下旬、スペインの在サンフランシスコ総領事館前でカタルーニャ自治州の独立を訴えるカリフォルニア州独立運動団体「イエス・カリフォルニア」のマーカス・ルイス・エバンス代表(右から2人目)ら(同団体提供) 9月下旬、スペインの在サンフランシスコ総領事館前でカタルーニャ自治州の独立を訴えるカリフォルニア州独立運動団体「イエス・カリフォルニア」のマーカス・ルイス・エバンス代表(右から2人目)ら(同団体提供)

 「ロシアにまつわる全てのことは選挙で負けたことに対する民主党の言い訳だ。共謀など全くない」(ドナルド・トランプ 10月、記者団に)

  ×  ×  ×

 昨年11月8日の大統領選で敗れた民主党の元国務長官ヒラリー・クリントンは内部メールの流出に苦しめられた。ロシアがサイバー攻撃でクリントンの陣営や民主党全国委員会から選挙戦で不利になる情報を入手、内部告発サイト「ウィキリークス」などを通じて公表して大統領トランプの勝利を手助けした-。これが米情報機関の見立てであり、ロシアによる米大統領選干渉疑惑の核心だ。

 「ウィキリークスや(創設者の)ジュリアン・アサーンジは、いかに民主党が犯罪組織であるか教えてくれた。感謝している」

 ロシア中部エカテリンブルクで暮らす米国人、ルイス・マリネリ(31)は電話取材に対し、アサーンジの“功績”をたたえた。

 マリネリは米西部カリフォルニア州を米国から独立させようとする運動を展開する団体「イエス・カリフォルニア」の共同代表を務めた。大統領選後には独立運動がトランプへの「異議」としてメディアに盛んに取り上げられたものの、意外にもマリネリはトランプに投票していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 2つのロシア疑惑 政治の不安定化が狙いか

関連ニュース

「ニュース」のランキング