産経ニュース

【経済インサイド】性能データ改竄の神戸製鋼「説明責任」でも失態 元社員の安倍首相も危惧「誠実な責任感」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
性能データ改竄の神戸製鋼「説明責任」でも失態 元社員の安倍首相も危惧「誠実な責任感」

神戸製鋼所加古川製鉄所の高炉を見学する安倍晋三首相=平成19年3月、兵庫県加古川市 神戸製鋼所加古川製鉄所の高炉を見学する安倍晋三首相=平成19年3月、兵庫県加古川市

 性能データ改竄(かいざん)問題に揺れる神戸製鋼所。契約で取り決めた仕様になるよう強度や寸法を偽って出荷していた悪質さは論外だが、「説明責任を果たす」という面でも不手際が続出し、余計に世間の信用を失ってしまった。強豪のラグビー部を抱える神戸製鋼は、スポーツファンや一般の人たちにも抜群の知名度を誇っていた。その「名門企業」はなぜここまで失墜してしまったのか-。

 「午後2時から記者会見します」

 10月8日の正午ごろ、神戸製鋼の秘書広報部から担当記者に緊急の電話連絡が入った。当日は3連休中日の日曜日だ。よほどのことがない限り会見はしない。

 だが、会見が始まると、その理由が納得できた。不正の内容があまりに重大でひどく、「メード・イン・ジャパン」の信頼すら揺るがしかねなかったからだ。

 神戸製鋼によると、不正は三重県の大安工場など、アルミ・銅部門の4工場で発覚。約200社に問題製品が供給されていたことが分かった。

 その後、自動車部品の材料となる鉄粉や、子会社が手がける半導体やDVDの金属材料でも不正が判明。その上、当初は「ない」としていた主力の鉄鋼製品でも4件の不正が分かり、供給先は約500社に膨れ上がった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 性能データ改竄の神戸製鋼「説明責任」でも失態 元社員の安倍首相も危惧「誠実な責任感」
  • 性能データ改竄の神戸製鋼「説明責任」でも失態 元社員の安倍首相も危惧「誠実な責任感」
  • 性能データ改竄の神戸製鋼「説明責任」でも失態 元社員の安倍首相も危惧「誠実な責任感」
  • 性能データ改竄の神戸製鋼「説明責任」でも失態 元社員の安倍首相も危惧「誠実な責任感」
  • 性能データ改竄の神戸製鋼「説明責任」でも失態 元社員の安倍首相も危惧「誠実な責任感」

関連トピックス

「ニュース」のランキング