産経ニュース

家賃引き上げ16倍?! 東京・浅草寺の仲見世商店街に迫る“危機”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


家賃引き上げ16倍?! 東京・浅草寺の仲見世商店街に迫る“危機”

 約90店舗が軒を連ねる通りでは約20平方メートルの土地・建物を借りる店も多く、月3万円の家賃が一挙に50万円となるケースも出てくるという。現在は寺側と話し合いを進めている状況だ。

きっかけはオーナーチェンジ

 こうした賃料が提示された背景には7月、各店の“大家”が「東京都」から「浅草寺」に代わったことが原因だ。

 東京都によると、仲見世通りの土地はもともと浅草寺が所有していたが、明治4年に所有権が国に移動。同18年、現在の東京都がれんが造りの建物を建て、管理を行ってきた。

 同44年、土地は浅草寺に返還されたものの建物は行政が管理する状況が継続。その後、建物は関東大震災に見舞われて再建されるなどの経過をたどった。

 昭和の戦時下には空襲で屋根や壁が焼失する被害を受けたが、商店街の店主らが自費で修繕を行ってきたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 家賃引き上げ16倍?! 東京・浅草寺の仲見世商店街に迫る“危機”
  • 家賃引き上げ16倍?! 東京・浅草寺の仲見世商店街に迫る“危機”
  • 家賃引き上げ16倍?! 東京・浅草寺の仲見世商店街に迫る“危機”
  • 家賃引き上げ16倍?! 東京・浅草寺の仲見世商店街に迫る“危機”

「ニュース」のランキング