産経ニュース

【衝撃事件の核心】東日本大震災慰霊の地に捨てられた女性の命 「千年希望の丘」死体遺棄事件を追う

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
東日本大震災慰霊の地に捨てられた女性の命 「千年希望の丘」死体遺棄事件を追う

近くの空き地で女性の遺体が遺棄された震災慰霊公園「千年希望の丘」=10月9日、岩沼市押分(千葉元撮影) 近くの空き地で女性の遺体が遺棄された震災慰霊公園「千年希望の丘」=10月9日、岩沼市押分(千葉元撮影)

 東北・宮城復興マラソンは、9月30日に車いすジョギングや親子のペアラン、10月1日にフルマラソンが開催された。約1万4000人のランナーが走る10月1日には、午前7時から午後5時まで、コース沿いを5つのエリアに分けて選手が走る時間帯に車両を通行止めにする交通規制が行われていた。

 マラソン大会のコースは、東日本大震災で甚大な津波被害を受けた宮城県南部の沿岸部(名取市、岩沼市、亘理町)の防潮堤、かさ上げ道路、記念碑など震災復興のシンボルとして整備されたもの、震災当時をいまに伝える日和山や閖上など震災当時の面影を残すもの、それらを縫い合わせるように設定された。

 遺棄現場は、震災による津波の被害などを後世に語り継ぐための神聖な場だ。女性方近くに住む男性会社員(64)は「被災者の気持ちを踏みにじる許し難い行為。私にも家族がある。被害者がかわいそうでならない」と憤る。

 捜査関係者は「私たちは理不尽な形で命を奪われた被害者や、その遺族の無念を晴らしたいという一心で捜査している。一刻も早く、事件を解決する」と話した。

 (東北総局 林修太郎、千葉元)

このニュースの写真

  • 東日本大震災慰霊の地に捨てられた女性の命 「千年希望の丘」死体遺棄事件を追う

関連トピックス

「ニュース」のランキング