産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】今年は大学1、2年生がもう就活準備を始めている

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
今年は大学1、2年生がもう就活準備を始めている

就活生を対象にした立教大の合同企業説明・選考会。「就職率100%」は大学の就活支援担当者の悲願だ=9月、東京都豊島区の立教大池袋キャンパス 就活生を対象にした立教大の合同企業説明・選考会。「就職率100%」は大学の就活支援担当者の悲願だ=9月、東京都豊島区の立教大池袋キャンパス

 大学1、2年生が就職を意識した動きを活発化しています。そもそも、就職活動は大学3年の3月(平成31年卒の場合は30年3月)に広報解禁。4年の6月(同6月)に選考解禁となります。このため、本来であれば、今は3年生が就活の準備に取りかかっている時期。しかし、今年は様相が異なっています。1、2年生が就活準備を進めているのです。理由は2点あります。

 【(1)インターンシップの重要度が増している】

 インターンシップは、学生が企業で実際に働く体験ができる「職業体験制度」です。選考とは関係ないことがうたい文句ですが、近年は選考にかかわることが増えています。3年夏のインターンシップから就活が始まっていると考えている学生は多いのです。

【(2)「インターンシップは受からない」が大学生の常識】

 インターンシップに参加するには事前応募が必要ですが、本選考同様に選考を課す企業は多いです。エントリーだけで参加できるインターンシップもありますが、本選考に直結するのはほとんど選考アリのインターンシップです。このため、本選考を意識した学生は選考アリのインターンシップを積極的に受けます。しかし、参加枠は数十人とわずかなため、選考を突破するのは本選考以上に難しいのです。

続きを読む

「ニュース」のランキング