産経ニュース

【大リーグ通信】デレク・ジーター氏が大なた振るうマーリンズ 気になるイチローの懐具合は?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大リーグ通信】
デレク・ジーター氏が大なた振るうマーリンズ 気になるイチローの懐具合は?

マーリンズのデレク・ジーターCEO。チーム再建にまずは年俸の総額に大なたを振るう。イチローむは大丈夫か…(AP) マーリンズのデレク・ジーターCEO。チーム再建にまずは年俸の総額に大なたを振るう。イチローむは大丈夫か…(AP)

 米大リーグ マーリンズの新オーナーの1人で、現場を預かるCEO(最高経営責任者)となったデレク・ジーター氏(43)。まず取りかかるのがチームに大なたを振るうことだった。その第1弾が年俸の総額を今季より2割以上カットすることだという。果たして、これは来季も契約の継続を望むイチロー(44)にとって有利に働くのだろうか。

 マーリンズに激震が走っている。フロリダ州マイアミの地元紙「マイアミ・ヘラルド」は、「マーリンズのオーナーたちは9000万ドル(約100億8000万円)に支払い額を値切ろうとしている。それはチームにとって何を意味するのだろうか」と題して、新オーナーのジーター氏らが実行する緊縮財政計画を報じた。

 「ジーター氏ら新しいオーナーたちが真っ先に取り組むのが、年俸の削減だ。今季1億1500万ドル(約128億8000万円)にまで膨れ上がった年俸総額を大幅ダウンさせることだった。何も手を打たなければ来季には1億4000万ドル(約156億8000万円)に達してしまう。それをさまざまな手を尽くして9000万ドル(約100億8000万円)に抑えることを決めた」というものだ。

 ここで去就が注目されているイチローが登場する。今季の年俸は現役最年長なこともあって1年契約で200万ドル(約2億2400万円)とお値打ち価格なのだ。同僚の田沢純一投手(31)が今季700万ドル、来季は900万ドルになるのと比べても、そのお手頃感が強い。

 来季の契約については、マーリンズ側が選択権を有しており、いくら年俸総額を大幅カットの方針が実現したとしても、今のイチローなら影響は少ない。実際、マイアミ・ヘラルド紙が取り上げた高額年俸が予想される選手の一覧にイチローの名前はない。

続きを読む

このニュースの写真

  • デレク・ジーター氏が大なた振るうマーリンズ 気になるイチローの懐具合は?
  • デレク・ジーター氏が大なた振るうマーリンズ 気になるイチローの懐具合は?
  • デレク・ジーター氏が大なた振るうマーリンズ 気になるイチローの懐具合は?
  • デレク・ジーター氏が大なた振るうマーリンズ 気になるイチローの懐具合は?

「ニュース」のランキング