産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ

10月13日、韓国南部・釜山に入港した米原子力潜水艦ミシガン。北朝鮮による脅威の最前線にあるとの意識もあいまって、米国から軽視されているのではないかとの不満につながっている(ロイター) 10月13日、韓国南部・釜山に入港した米原子力潜水艦ミシガン。北朝鮮による脅威の最前線にあるとの意識もあいまって、米国から軽視されているのではないかとの不満につながっている(ロイター)

 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反発する中国からの経済的な「報復」に頭を痛めている韓国。金融危機などの緊急時に資金を相互に融通する中韓の「通貨交換(スワップ)協定」が延長されるかどうかなどで、「韓中関係10月危機説」まで流れた中、協定はどうにか延長された。胸をなで下ろすや、今度は11月にアジア各国を歴訪するトランプ米大統領の滞在日程が気になって仕方がないようだ。背景にはまた、おなじみの日本との比較があり、複雑な思いが渦巻いている。(ソウル 名村隆寛)

一難去って

 韓国銀行(中央銀行)は今月13日、中韓の通貨スワップ協定を3年間延長することで中国側と合意し、中国人民銀行と契約を結んだと発表した。融通額は64兆ウォン(約6兆1400億円)相当が限度で、延長期間とともにこれまでの契約と同じ内容だ。

 韓国が締結するスワップでは最大規模だが、協定期限の10日を過ぎても合意は発表されず。THAADの韓国配備などで、中韓関係が悪化する中、延長を求める韓国側では、協定が延長されない可能性に懸念が強まっていた。

 日本との通貨スワップは、釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置に日本政府が協議中断の対抗措置を取り続けており、中断状態だ。こうした状況で、中国との協定継続は韓国にとって安定確保の意味合いが強い。韓国側は安堵し、中国側は貸しを作ったかたちだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ
  • スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ
  • スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ

「ニュース」のランキング