産経ニュース

【野党ウオッチ】希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか

会談を終え、握手する希望の党代表・小池百合子都知事と民進党の前原誠司代表=10月5日、東京都新宿区(飯田英男撮影) 会談を終え、握手する希望の党代表・小池百合子都知事と民進党の前原誠司代表=10月5日、東京都新宿区(飯田英男撮影)

 「もう政権交代になっちゃうから安倍晋三首相は土壇場で衆院解散をやめるんじゃないの?」―。民進党議員が狂喜していたのは、わずか3週間前だ。産経新聞社が実施した衆院選の終盤情勢調査で、235人を擁立した希望の党は政権交代どころか大きく失速している実態がみえてきた。将来、政権交代可能な二大政党制の一翼を担えるのか。それとも、このまま自滅してしまうのか-。

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が民進党との合流構想を進めるにあたり、こだわったのは安全保障政策をめぐる意思統一だったという。小池氏の脳裏には、平成6年4月に発足した「非自民」連立政権の羽田孜内閣が安保政策の違いから社会党が離反し、わずか64日間で崩壊した記憶が浮かんでいた。

 一方、民進党の前原誠司代表も同じ考えを抱いていた。自民党も民進党も党内に一定の左派勢力がいるが、とりわけ民進党は党内左派が共産党との選挙協力に前のめりだった。

 共産党は党綱領に「日米安全保障条約の廃棄」「自衛隊の発展的解消」(憲法9条の完全実施)などを掲げる。前原氏は10月4日、産経新聞の単独インタビューで「北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す中、日本を守れるのはもちろん自衛隊であり、やっぱり日米安全保障条約じゃないですか。日米安保を否定している政党と選挙協力して、本当にこの国を守れますか」と語っていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか

関連トピックス

「ニュース」のランキング