産経ニュース

【矢板明夫の中国点描】習近平政権での粛清を予言した共産党古参幹部の死、その予言は的中し…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【矢板明夫の中国点描】
習近平政権での粛清を予言した共産党古参幹部の死、その予言は的中し…

何方氏(本人の微博より) 何方氏(本人の微博より)

 中国の政府系シンクタンク、中国社会科学院の日本研究所初代所長の何方氏が3日、北京市内で死去した。94歳と高齢だったが、改革派知識人たちに大きな衝撃を与えた。筆者にとっては前回の共産党大会が終了した2012年11月、中国人の記者や人権派弁護士ら約10人と一緒に何氏を囲んだ食事会での会話が忘れられない。

 そのとき、何氏は新総書記、習近平氏の就任演説について「これから粛清が始まる。体制を批判する人の多くは捕まるだろう。君たちも気を付けた方がよい」と語った。「事態はそんなに深刻なのか」と聞かれると、何氏はこう答えた。

 「死語となっている毛沢東時代の『為人民服務』(人民に奉仕する)などが繰り返されているところが異様だ」「これが政治運動を始めるサインだ。人を捕まえなければ政治運動にならない。私は共産党と70年以上も付き合っているから、よく分かる」

 あの食事会から5年。参加メンバーの中ですでに4人が拘束され、そのうち2人の有罪が確定した。治安当局の厳しい監視と嫌がらせに耐えられなくなり、仕事を辞め米国に渡った記者らも3人いる。中国全土で改革・自由派への粛清の嵐が吹き荒れている。何氏の予言は不幸にして的中した。

続きを読む

「ニュース」のランキング