産経ニュース

【iRONNA発】10・22総選挙 「現実を直視せよ」最大の争点はこれだ 岩田温氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
10・22総選挙 「現実を直視せよ」最大の争点はこれだ 岩田温氏

衆議院が解散され、万歳する議員と安倍晋三首相(奥中央)=9月28日(斎藤良雄撮影) 衆議院が解散され、万歳する議員と安倍晋三首相(奥中央)=9月28日(斎藤良雄撮影)

 自衛隊の存在を憲法に明記せよという自民党に対し、民進党は「9条に自衛隊を明記することは認められない」と対決姿勢を明らかにした。不思議でならない姿勢だ。なぜ、自衛隊を憲法上に明記することに反対するのか、その論拠を明らかにすべきであろう。まさか、彼らも自衛隊の存在を違憲だとまでは主張しないであろう。

 それならば、なぜ自衛隊を憲法に明記することに反対するのか。いつまでも「平和憲法」を維持せよとの主張を繰り返すだけでは、民進党はかつての社会党のように消滅すると思っていたら事実上解党してしまった。当然の流れだろう。

見識示す「希望の党」

 小池百合子東京都知事が立ち上げた「希望の党」に国民が一定の期待を寄せているのは、この政党が安全保障の問題で見識を示しているからだ。彼らは共産党とは明確に一線を画している。自民党とは理念を異にする政党ではあるが、共産党とも異なる政党である。民進党が愚か極まりなかったのは、自衛隊を「違憲」の存在だと位置づけている共産党と共闘し、「非自民反共産党」という幅広い中道層の支持を得られなかった点にある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 10・22総選挙 「現実を直視せよ」最大の争点はこれだ 岩田温氏

「ニュース」のランキング