産経ニュース

【iRONNA発】10・22総選挙 「現実を直視せよ」最大の争点はこれだ 岩田温氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
10・22総選挙 「現実を直視せよ」最大の争点はこれだ 岩田温氏

衆議院が解散され、万歳する議員と安倍晋三首相(奥中央)=9月28日(斎藤良雄撮影) 衆議院が解散され、万歳する議員と安倍晋三首相(奥中央)=9月28日(斎藤良雄撮影)

 「日本列島の4つの島は、チュチェ思想の核爆弾によって海に沈むべきだ。もはや日本は私たちの近くに存在する必要はない」などと公言する国家にわが国の平和を委ねるわけにはいかない。実際に「われらの安全と生存を保持」しているのは、自衛隊の方々が日夜平和のために汗を流しているからであり、堅牢(けんろう)な日米同盟が存在しているからだ。

政治は悪さ加減の選択

 安倍総理は、自民党の公約に憲法9条への「自衛隊の明記」を盛り込むことを公言した。保守派の中でも批判が多いことを私も承知しているし、本来、憲法9条の第2項を削除すべきであるとも認識している。

 だが、政治とは、あくまで漸進的な営みだ。自分たちの望むすべてが実現できなければ、直ちに全面否定するという、教条主義的姿勢は政治には似つかわしくない。現実にわが国を守っている自衛隊を憲法に明記するというのは、憲法が自衛隊について全く触れていない現状よりはいい。「政治は悪さ加減の選択である」と喝破したのは福沢諭吉だが、その通りであろう。国家を守る自衛隊を憲法に位置づけるのは、少なくとも自衛隊の存在が閑却されている現行憲法よりはいいだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 10・22総選挙 「現実を直視せよ」最大の争点はこれだ 岩田温氏

「ニュース」のランキング