産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「もっといいところがあるのでは?」入社の決断に必要な4つのコト

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「もっといいところがあるのでは?」入社の決断に必要な4つのコト

りそなホールディングスが開いた内定式=10月1日、東京都港区(春名中撮影) りそなホールディングスが開いた内定式=10月1日、東京都港区(春名中撮影)

 複数の内定を獲得した学生の中には、全ての企業の内定を承諾し、「A社の福利厚生はいいが、B社の事業内容の将来性もいい。C社は…」と思案し、入社先をなかなか決断できない人もいます。

 内定辞退の連絡は、企業の採用機会や他の学生の就職機会を奪うことになりやすいので、可能な限り速やかに連絡するのがマナーです。

 しかし、自分の将来を決める企業選びは「この会社で頑張っていく」という強い意思があってこそです。

 仕事で、辛いことや大変なことはたくさんあります。しかし、入社の決断理由が曖昧だと、「別の企業に入ればよかった」「こんなはずじゃ…」という後悔につながりかねません。

 それでは、どうやって決断するのが良いのでしょうか。

 【(1)自身の就職活動を振り返る】

 改めて、自分の就職活動を振り返り、自己分析します。好印象を抱いた企業の傾向などを探ってみると良いでしょう。そうすると、再度自分が大切にしている価値観などが浮き彫りになってきます。

続きを読む

「ニュース」のランキング